Suuntoでは、当社のウェブサイトが「Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.0」の適合レベルAAに準拠することを目標とし、WCAG 2.0と国際協調したその他の標準規格に準拠することで、アクセシビリティの確保と向上に取り組んでいます。当ウェブサイト上の情報へのアクセスに問題がある場合など、アクセシビリティに関するお問い合わせは、カスタマーサービスまでご連絡ください。カスタマーサービス電話番号:米国 +1 855 258 0900(フリーダイヤル)

ニュースレターに登録 | 20,000円以上購入で送料無料 | 30日以内返品可能

Suunto Vyper Novo ユーザーガイド -

電子コンパス

Suunto Vyper Novo には、デジタルコンパスが搭載されています。

コンパスが水平ではなくても、傾斜補正機能により正確な測定が可能です。

コンパスは、時刻モードとダイブモードのどちらからでも起動でき、現在の方位と深度を示します。

  1. 時刻モードまたはダイブモードでSELECTを長押しすると、コンパスが起動します。

compass VyperNovo

  1. コンパスを終了するには、MODEを押します。水中では、SELECTを長押しして終了します。

ダイブモードでは、コンパス表示の左下と右下に追加情報が表示されます。

  1. 左下の表示を切り替えるには、DOWNを押します(タンク圧、最大深度、時刻)。
  2. 右下の表示を切り替えるには、UPを押します(ダイブタイム、水温、方位)。

compass divemode VyperNovo

コンパス調整(キャリブレーション)

初めてSuunto Vyper Novoの使用を開始するときは、コンパスを調整する必要があります。Suunto Vyper Novoは、コンパスを表示すると調整(キャリブレーション)アイコンが表示されます。

compass calibrate VyperNovo

本体を手の平に乗せ、ゆっくりと大きく「8の字」に動かします。

調整(キャリブレーション)の過程で、コンパスは自然に調整されます。

調整(キャリブレーション)に失敗すると、Try Again(再実行)が表示されます。調整(キャリブレーション)が引き続き失敗する場合、違う場所(屋外など)に移動して、再度調整を行ってください。

海外や他の場所で使用する場合には、現地でコンパスを調整してから使用する必要があります。

手動で調整(キャリブレーション)を行う:

  1. コンパス画面で、DOWNを長押しします。
  2. DOWNを押し、Calibration(調整)までスクロールします。
  3. 調整(キャリブレーション)を開始するにはSELECTを押します。

偏差設定

潜水中に正確な方位情報を得るためには、コンパスの偏角値を調整する必要があります。信頼できる情報源から現在地の偏差を確認し、Suunto Vyper Novoで値を設定します。

  1. コンパス画面で、DOWNを長押しします。
  2. DOWNを押してDeclination(偏差)までスクロールし、SELECTを押します。
  3. DOWNを押してEast(東)またはWest(西)を切り替えて、SELECTで確定します。
  4. DOWNまたはUPDeclination Degrees(偏差角)を設定します。
  5. MODEを押して保存し、終了します。

タイムアウトの設定

コンパスを起動後、コンパスを表示させておく時間を設定できます。コンパスの使用中に、いずれかのボタンを押すと、タイムアウトの設定時間はリセットされます。

タイムアウト後、Suunto Vyper Novoは時刻モードまたはダイブモードに戻ります。

タイムアウトを設定する:

  1. コンパス画面で、DOWNを長押しします。
  2. DOWNを押してTimeout(タイムアウト)までスクロールし、SELECTを押します。
  3. DOWNまたはUPでタイムアウトを調整します。
  4. 終了するにはMODEを押します。

方位角の固定と追従

ベアリングとは、北と目標物の間の角度のことをいいます。簡単に言うと進みたい方向のことです。一方、ヘディング(進行方向)とは、実際の進行方向です。

ベアリングのデフォルトは北に設定されています。

水中で自分の位置を確認し、進行方向を維持するために、方位を固定することができます。例えば、ビーチダイビングの場合、スタート地点(エントリーの地点)をベアリングとして設定できます。

最後に固定された方位角度は保存され、次にコンパスを作動した時にも使用できます。Dive(ダイブ)モードでコンパスを使用中に固定された方位はログにも記録されます。方位を固定する:

  1. コンパスを起動し、本機体の正面に持ち、目標物に体を向けます。
  2. SELECTを押して、現在表示されている角度をベアリングとして固定します。
  3. ロックを解除するにはSELECTを押してください。

compass bearinglock VyperNovo

これにより、ベアリングがコンパス表示の画面外に位置する場合、どちらの方向に向かうべきかを示す矢印が表示されます。

Suunto Vyper Novoでは、四角形および三角形のパターンでのナビゲーションと、以下のシンボルによる戻りヘディングのナビゲーションを提供します。

シンボル説明
bearing1固定された方位を追従中
bearing2固定された方位方角の90度(または270度)の方向に向いている
bearing3固定された方位の180度の方向に向いている
bearing4固定された方位方角の120度(または240度)の方向に向いている

目次