Suuntoでは、当社のウェブサイトが「Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.0」の適合レベルAAに準拠することを目標とし、WCAG 2.0と国際協調したその他の標準規格に準拠することで、アクセシビリティの確保と向上に取り組んでいます。当ウェブサイト上の情報へのアクセスに問題がある場合など、アクセシビリティに関するお問い合わせは、カスタマーサービスまでご連絡ください。カスタマーサービス電話番号:米国 +1 855 258 0900(フリーダイヤル)

ニュースレターに登録 | 20,000円以上購入で送料無料 | 30日以内返品可能

Suunto Vyper Novo ユーザーガイド -

個人調整と高度調整

ダイビングでは減圧症の発症可能性を高める要因はいくつかあります。そして、その要因はダイバー体調などにより、日によって変化します。

減圧症にかかる可能性を高める個人的な要因には、以下のようなものがあります。

  • 20°C(68 °F)以下の水温での曝露
  • 体力レベルが平均以下
  • 疲労
  • 脱水症状
  • ストレス
  • 肥満
  • 卵円孔開存症(PFO)
  • 激しい運動後(トレーニングやエクササイズ)のダイビング

個人調整は減圧症へのかかりやすさに応じてアルゴリズムを3段階で調整することができます。

個人調整状態
0理想的なコンディション(デフォルト値)
1控えめ減圧症にかかる危険性の要因がいくつかある状態
2より控えめ減圧症にかかる危険性の要因が多数ある状態

個人設定に加え、Suunto Vyper Novoは異なる高度での潜水に対応することができます。この設定では、選択した高度調整に基づいて自動的に減圧計算を調整します。

高度調整説明
00~300 m(デフォルト)
1300~1500 m(980~4900)
21500~3000 m(4900~9800 ft)

個人設定および高度調整設定を変更する:

  1. ダイブモードで、DOWNを長押しします。
  2. SELECTを押し、Personal Altitude(個人高度)設定に入ります。
  3. UPを押してPersonal(個人)調整を変更し、SELECTで確定します。
  4. UPを押してAltitude(高度)調整を変更し、SELECTで確定します。
  5. 終了するにはMODEを押します。
警告:

高地への移動は体内に蓄積された窒素の均衡に一時的な変化をもたらすことがあります。そのため、高所での潜水前には少なくとも3時間待って体を高度に慣れさせることをお勧めします。

目次