Suuntoでは、当社のウェブサイトが「Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.0」の適合レベルAAに準拠することを目標とし、WCAG 2.0と国際協調したその他の標準規格に準拠することで、アクセシビリティの確保と向上に取り組んでいます。当ウェブサイト上の情報へのアクセスに問題がある場合など、アクセシビリティに関するお問い合わせは、カスタマーサービスまでご連絡ください。カスタマーサービス電話番号:米国 +1 855 258 0900(フリーダイヤル)

ニュースレターに登録 | 20,000円以上購入で送料無料 | 30日以内返品可能

Suunto Vyper Novo ユーザーガイド -

ダイブモード

Suunto Vyper Novoには以下のダイブモードがあります:

  • Air エアー):通常のエアーを使用したダイビング用
  • Nitrox (ナイトロックス):ナイトロックスガスを使用した潜水用
  • Gauge (ゲージ):ダイブコンピュータをボトムタイマーとして使用
  • Free (フリー):フリーダイビング
  • Off (オフ):ダイブモードを完全にオフにします。ダイブコンピュータを水に入れてもダイブモードは起動せず、ダイブモードも非表示となります。

デフォルトでは、ダイブモードに入るとAir(エアー)モードが起動します。また設定により、他のダイブモード(Nitox, Gaude, Free)への切り替え、ダイブモードをオフに切り替えることができます。

ダイブモードを変更する:

  1. 時刻モードで、DOWNを長押しします。
  2. SELECTを押してDive Mode(ダイブモード)に入ります。
  3. UPまたはDOWNで、変更したいダイブモードを選択し、SELECTで確定します。
  4. 設定を終了するにはMODEを押します。

それぞれのダイブモードには個別の設定があり、それらのダイブモードを使用中には設定を調整する必要があります。

ダイブモード設定を変更する:

  1. ダイブモードで、DOWNを押します。
  2. DOWNまたはUPを押して設定をスクロールします。
  3. SELECTを押して設定に入ります。
  4. DOWNまたはUpで設定を調整し、SELECTで確定します。
  5. 終了するにはMODEを押します。
メモ:

潜水終了後5分以内は設定の変更を行えませんのでご注意ください。

エアーモード

エアーモードは、通常のエアーでの潜水用であり、以下の設定があります。

ナイトロックスモード

ナイトロックスモードは、酸素の多い混合ガスでの潜水に使用されます。

窒素割合を減らすことにより、潜水時間を長くしたり、減圧症のリスクを抑えることができます。しかしながら、酸素割合を増加させたり潜水深度が深くなると酸素分圧が上昇し、酸素中毒に陥る危険性が高まります。この危険を防ぐためには、潜水時間と酸素曝露の度合いを計測して酸素曝露が安全限界範囲を超えないように潜水プランを調整する必要があります。Suunto Vyper Novo は、潜水プランの調整に必要な情報をダイバーに提供します。

ナイトロックスモードには、以下の設定があります。

ナイトロックスモードでは、タンクの酸素割合および酸素分圧の限度の両方をSuunto Vyper Novoに入力する必要があります。

これは、入力値に基づいて行われる窒素および酸素の計算と最大許容深度(MOD)の計算の正確性を保つために必要です。

デフォルトの酸素割合(O2%)設定は21%(エアー)、酸素分圧(PO2)設定は1.4 bar(20 psi)です。

混合ガスには、Primary(プライマリ)、Secondary(セカンダリ)、またはOff(オフ)のタグを付けることができます。これらのガスのいずれかは、必ずPrimary(プライマリ)に設定されます。その他のガスはどのステータスでも構いません。減圧計算は、Primary(プライマリ)ガスとして定義された混合ガスに基いて計算されます。

混合ガスの設定を変更する:

  1. ナイトロックスモードで、DOWNを長押しします。
  2. SELECTを押し、Nitrox(ナイトロックス)設定に切り替えます。
  3. 必要に応じてMix1(Mix1)、Mix2(Mix2)、またはMix3(Mix3)までスクロールし、SELECTを押します。
  4. UPまたはDOWNで、選択した混合ガスをPrimary(プライマリ)、Secondary(セカンダリ)またはOff(オフ)として定義し、SELECTで確定します。

nitrox setting VyperNovo

  1. 点滅するO2値を、タンクの酸素割合に合わせてDOWNまたはUPで調整し、SELECTで確定します。
  2. 点滅するPO2(酸素分圧)値をDOWNまたはUpで調整し、SELECTで確定します。
  3. 必要に応じて、他の混合ガスの設定も調整します。
  4. 終了するにはMODEを押します。
メモ:

酸素割合はデフォルトで21%に設定されています。酸素割合を22%以上に変更しない限り、このデフォルト設定が適用されます。酸素割合を変更後、設定が自動的にデフォルトの21%に戻ることはありません。

マルチガスダイブでのガスの切り替え

一度のダイブで複数のガスを使用する場合、Suunto Vyper Novoではダイブ中に有効なガスを切り替えることができます。

ダイブは常にMix1(Mix1)で開始します。設定した最大酸素分圧の範囲内である他の有効な混合ガスに切り替えることができます。ダイブ中の組織演算は、Primary(プライマリ)ガスとして選択した混合ガスに基いて行われます。

ダイブ中に混合ガスを切り替える:

  1. UPを長押しします。
  2. UPまたはDOWNを押して混合ガスをスクロールし、SELECTを押して使用したいガスを選択します。
メモ:

15秒以内にどのボタンも押さないと、ダイブコンピュータは混合ガスを切り替えることなくダイブ表示に戻ります。

スクロールすると、混合ガスの番号、O2%、PO2が表示されます。設定したPO2の上限に達すると、PO2の値が点滅します。この場合、ガスを切り替えることはできません。混合ガスが表示されますが、選択して使用することはできません。

浮上時に、次の混合ガスに対して設定したPO2レベルでガスの切り替えが可能になると、Suunto Vyper Novoがガスの切り替えを提案します。

ゲージモード

Gauge(ゲージ)モードでは、Suunto Vyper Novoをボトムタイマーとして使用できます。

ディスプレイ中央のタイマーに、ダイブタイムが分と秒で表示され、潜水開始時に起動します。合計のダイブタイム(分)は、画面右下に表示されます。

ディスプレイ中央のタイマーは、潜水中にSELECTを押すとストップウォッチとして使用できます。

SELECTを押すと、メインタイマーがリセットされ、ダイブログにブックマークが追加されます。直前に計測した時間が、メインタイマーの下に表示されます。

gauge mode timer ZoopVyperNovo

Gauge(ゲージ)モードには、以下の設定があります。

Gauge(ゲージ)モードでは減圧計算は含まれませんのでご注意ください。

フリーモード

Free(フリー)モードでは、Suunto Vyper Novoをフリーダイビング用の機能として使用できます。潜水時間は、ディスプレイ中央に分と秒で表示されます。

フリーダイビングは水深1.2 mで始まり、水深0.9 m未満になると終了します。

Free(フリー)モードには、以下の設定があります。

深度通知

フリーダイビング用に深度通知を5つまで任意で設定できます。例えば、フリーフォールのタイミングを通知することができます。各通知には深度と設定とオン/オフを切り替えることができます。

通知深度に達すると、バックライトが点滅し、”優先度の低いアラーム音”が鳴ります。

深度通知を設定する

  1. Free(フリー)モードで、DOWNを長押しします。
  2. SELECTを押してDepth Notify(深度通知)設定に入ります。
  3. DOWNまたはUPで通知をスクロールし、SELECTで通知に入ります。
  4. 通知のオン/オフを切り替えるには、DOWNまたはUPを押し、SELECTで確定します。
  5. DOWNまたはUPで深度を調整し、SELECTで確定します。
  6. 次の通知にスクロールして変更するか、MODEを押して終了します。

サーフェスカウントダウンタイマー

フリーダイビング中は、サーフェスカウントダウンタイマーを使って次回のダイビングに備えることができます。Suunto Vyper Novoは、水深1.2 mに達すると自動的にカウントダウンを始めます。

サーフェスカウントダウンタイマーを設定する:

  1. Free(フリー)モードで、DOWNを長押しします。
  2. UPを押し、Surf. Time Notify(Surf.Time Notify)(水面休息時間の通知)までスクロールします。
  3. DOWNまたはUPを押してタイマーをオンにして、SELECTで確定します。
  4. DOWNまたはUPでカウントダウン時間を調整し、SELECTで確定します。
  5. 終了するにはMODEを押します。

目次