Suuntoでは、当社のウェブサイトが「Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.0」の適合レベルAAに準拠することを目標とし、WCAG 2.0と国際協調したその他の標準規格に準拠することで、アクセシビリティの確保と向上に取り組んでいます。当ウェブサイト上の情報へのアクセスに問題がある場合など、アクセシビリティに関するお問い合わせは、カスタマーサービスまでご連絡ください。カスタマーサービス電話番号:米国 +1 855 258 0900(フリーダイヤル)

ニュースレターに登録 | 20,000円以上購入で送料無料 | 30日以内返品可能

Suunto Vyper Novo ユーザーガイド -

安全停止とディープストップ

安全停止はダイブテーブルで欠くことができない“ 賢い潜水習慣” のひとつとなり、重要な役割を果たしています。安全停止が必要な理由としては、無症状のDCIの低減、マイクロバブルの低減、浮上のコントロール、水面浮上前の方位確認などがあります。

Suunto Vyper Novoは、推奨安全停止と強制安全停止停止の2種類を表示します。

深度10 m(30 ft)以上の潜水を行うたびに、3分間の推奨安全停止がカウントダウンされます。この停止は3~6 m(10~20 ft)の範囲で行われます。Suunto Vyper NovoにSTOPアイコンが表示され、3分間のカウントダウンが行われます。

recommended safetystop ZoopVyperNovo

メモ:

ディープストップを有効にすると、安全停止の長さが秒単位で表示されます。

5秒以上にわたって浮上速度が毎分10 m(33 ft)を超えると、減圧モデルで許容される限度を超えるマイクロバブルが蓄積される可能性があります。

このような場合、Suunto Vyper Novoは強制安全停止をその潜水に追加します。この安全停止の時間は、浮上速度により異なります。

STOPアイコンがディスプレイに表示されます。6 m~3 m(18 ft~9 ft)の深度範囲に達すると、以下が表示されます。

  1. CEILING(シーリング)およびSTOP(ストップ)
  2. シーリング深度
  3. 安全停止時間

deepstop ZoopVyperNovo

強制安全停止の警告が消えるまで、シーリングの深度で待機します。

警告:

シーリングより浅い深度に浮上しないでください!減圧中はシーリングより浅い深度まで浮上してはいけません。誤って浮上してしまうことを防ぐために、シーリングより下に留まるようにしてください。

20 m(65.6 ft)以上の潜水を行うとディープストップが起動します。

ダイビングタイマーを画面に表示している状態でディープストップが起動すると、タイマーがディープストップに変わります。

ディープストップの終了後、MODEボタンを長押しして、ディープストップとタイマーを切り替えることができます。

ディープストップは、安全停止と同じように表示されます。Suunto Vyper Novoは、以下を表示することによってディープストップ範囲内にいることをダイバーに通知します。

  • 画面上部のCEILING(シーリング)
  • 画面中央のDEEPSTOP(ディープストップ)
  • 停止深度
  • カウントダウンタイマー

deepstop ZoopVyperNovo

ディープストップは、Air(エアー)モードおよびNitrox(ナイトロックス)モードではデフォルトでオンになっています。ディープストップをオフにする:

  1. ダイブモードで、DOWNを長押しします。
  2. DOWNを押してDeepstop(ディープストップ)までスクロールし、Selectに入ります。
  3. オン/オフを切り替えるにはUPを押します。
  4. 終了するにはMODE(モード)を押します。

目次