Suunto 3 Fitness - 特徴 - POD とセンサーのペアリング

Suunto 3 Fitness ユーザーガイド

POD とセンサーのペアリング

POD とセンサーのペアリング

お使いのウォッチと Bluetooth Smart POD やセンサーをペアリングすることで、エクササイズ記録時に追加の情報を収集することができます。

Suunto 3 Fitness は以下のタイプの POD およびセンサーに対応しています:

  • 心拍数
  • Bike(バイク)
  • Foot(フット)
メモ:

機内モードがオンになっているとペアリングを行うことができません。ペアリングを行う前に機内モードをオフにしてください。機内モード を参照してください。

POD またはセンサーをペアリングするには:

  1. お使いのウォッチの設定にアクセスして、接続 を選択します。
  2. センサーのペアリング を選択し、センサータイプの一覧を取得します。
  3. 右下ボタンを押してリスト内をスクロールし、中央ボタンでセンサータイプを選択します。

    Sensor list Trainer

  4. ウォッチの画面に表示される指示に従ってペアリングを完了し(必要に応じてセンサーまたは POD のマニュアルを参照)、中央ボタンを押して次のステップに進みます。

    Sensor paired Trainer

使用する POD で設定が必要となる場合、ペアリング操作の途中で数値を入力するように求められます。

POD またはセンサーのペアリングが完了したら、該当するセンサータイプを使用するスポーツモードを選択するとすぐにウォッチが検索を行います。

接続 » ペアリング済みデバイス の設定から、お使いのウォッチでペアリングされているデバイスの完全な一覧を表示することができます。

この一覧から必要に応じてデバイスを削除(ペアリング解除)することができます。削除したいデバイスを選択して、削除 をタップします。

Foot POD の調整

Foot POD とペアリングされると、ウォッチが Suunto App 経由で接続されているスマートフォンの GPS を使用して POD を自動調整します。POD の調整は自動で行うことをお勧めしますが、必要に応じて、接続 » ペアリング済みデバイス の下にある POD 設定から自動調整を無効にすることができます。

GPS を使用して初期調整を行うには、Foot POD を使用するスポーツモード(例:ランニング)を選択します。記録を開始し、平坦な路面を一定のペースで走ります。可能であれば、最低 15 分間走り続けます。

初期調整のために通常の平均ペースで走り続けたら、エクササイズの記録を停止します。次回 Foot POD を使用する際には、すでに調整された状態になっています。

GPS による速度の測定が可能な場合、必要に応じてウォッチが自動的に Foot POD を再調整します。