Suuntoでは、当社のウェブサイトが「Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.0」の適合レベルAAに準拠することを目標とし、WCAG 2.0と国際協調したその他の標準規格に準拠することで、アクセシビリティの確保と向上に取り組んでいます。当ウェブサイト上の情報へのアクセスに問題がある場合など、アクセシビリティに関するお問い合わせは、カスタマーサービスまでご連絡ください。カスタマーサービス電話番号:米国 +1 855 258 0900(フリーダイヤル)

20,000円以上購入で送料無料 | 最大65%OFF BLACK FRIDAY SALE 29(日)まで!

Suunto Ambit2 S ユーザーガイド - 2.0

心拍ベルトの装着

メモ:

Suunto Ambit2 S は、Suunto ANT Comfort Belt と互換性があります。

心拍ベルトを締めすぎない程度に、ストラップの長さを調整します。接触部分を水または電極ジェルで湿らせ、心拍ベルトを装着します。心拍ベルトが胸の中心にあり、赤い矢印が上を向いていることを確認します。

HR belt

警告:

ペースメーカー、除細動器、その他の埋め込み型電子機器を使用している場合は、自己の責任にて心拍ベルトを使用するものします。心拍ベルトの使用を開始する前に、医師の監督下で運動テストを行うことをお勧めします。これにより、ペースメーカーと心拍ベルトを同時に使用する際の安全性と信頼性が確保されます。エクササイズには危険が伴うことがあります。これまで運動不足だった人が急にエクササイズを始める場合には、特に注意が必要です。エクササイズプログラムを開始する前に、医師に相談することを強くお勧めします。

メモ:

Suunto Ambit2 S は、水中では心拍ベルトからの信号を受信できません。

ヒント:

使用後の不快なニオイを防ぎ、優れたデータ品質と機能性を維持するために、定期的に洗濯機で洗ってください。テキスタイルストラップのみ洗濯可能です。

Suunto Ambit2 S は、ANT+TM 対応の心拍ベルトと一部の POD をサポートしています。互換性のある ANT+ 製品の一覧については、 www.thisisant.com/directory をご覧ください。

目次