Suuntoでは、当社のウェブサイトが「Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.0」の適合レベルAAに準拠することを目標とし、WCAG 2.0と国際協調したその他の標準規格に準拠することで、アクセシビリティの確保と向上に取り組んでいます。当ウェブサイト上の情報へのアクセスに問題がある場合など、アクセシビリティに関するお問い合わせは、カスタマーサービスまでご連絡ください。カスタマーサービス電話番号:米国 +1 855 258 0900(フリーダイヤル)

20,000円以上購入で送料無料 | 最大65%OFF BLACK FRIDAY SALE 29(日)まで!

Suunto Ambit2 S ユーザーガイド - 2.0

スイミングドリル

スイミングワークアウトでは、いつでもスイミングドリルを行えます。非標準の水泳スタイル(たとえば、キックだけで泳ぐ)でドリルを行う場合、必要に応じてドリルの後にプールの長さを手動で追加して、ドリルの距離を調整できます。

メモ:

ドリルが完了するまでドリルの距離を追加しないでください。

ドリルを実行するには:

  1. プールスイミングを記録中に、Next ボタンを長押ししてオプションメニューにアクセスします。
  2. Next ボタンを押してスイミングに入ります。
  3. Next ボタンを押して ドリルを選択し、スイミングドリルを開始します。
  4. ドリルが終了したら、View ボタンを押して、必要に応じて総距離を調整します。

adding swimming drill

ドリルを終了するには、オプションメニューでスイミングに戻り、 ドリル終了を選択します。

ヒント:

Start Stop ボタンを押すと、ドリルを一時停止できます。

目次