Suuntoでは、当社のウェブサイトが「Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.0」の適合レベルAAに準拠することを目標とし、WCAG 2.0と国際協調したその他の標準規格に準拠することで、アクセシビリティの確保と向上に取り組んでいます。当ウェブサイト上の情報へのアクセスに問題がある場合など、アクセシビリティに関するお問い合わせは、カスタマーサービスまでご連絡ください。カスタマーサービス電話番号:米国 +1 855 258 0900(フリーダイヤル)

ニュースレターに登録 | 20,000円以上購入で送料無料 | 30日以内返品可能

Suunto Zoop Novo ユーザーガイド

ダイブナンバー

Suunto Zoop Novoダイブコンピューターは反復潜水を飛行機搭乗禁止時間が”0” になるまで(残留窒素がなくなるまで)、同じダイブシリーズとして認識します。

ログにはダイブシリーズごとに、反復潜水番号(ダイブナンバー)が与えられます。シリーズの最初の潜水はDIVE 1(潜水1)、2回目の潜水はDIVE 2(潜水2)のようになります。

水面休息時間が5分より少ない状況で再度潜水を始めると、Suunto Zoop Novoは前の潜水が継続していると認識しダイブナンバーは変更されません。また、ダイブタイムも加算されます。

水面で5 分以上経過した場合は、反復潜水として認識されます。そしてダイブナンバーが追加されます。

プランモードにより、ダイブシリーズ内の次の潜水における減圧不要限界を再確認できます。

目次