コンパス

Suunto Traverse ユーザーガイド - 2.0

コンパス

Suunto Traverse は、磁北を基準にして進行方向を確認できるデジタルコンパスを搭載しています。コンパスが水平ではなくても、傾斜補正機能により正確な測定が可能です。

コンパスディスプレイは、ディスプレイ » コンパス の下にあるスタートメニューから表示/非表示を切り替えることができます。

コンパスディスプレイには次の情報が表示されます。

  • 中段:角度によるコンパスの進行方向
  • 下段:VIEW ボタンを押して現在時刻、基本方位(東西南北)、または表示なし(値なし)を切り替え表示

compass Traverse

コンパスディスプレイに表示する情報は、一般設定 » 表示形式 » コンパス単位 の下にあるオプションメニューで変更できます。コンパスディスプレイの中央に表示する基本情報は、方角(角度)、Mil、または基本方位(東西南北)のいずれかを選択することができます。

コンパスは、起動してから 1 分後に省電力モードに切り替わります。START ボタンでパワーセービングモードから復帰します。

コンパスの調整(キャリブレーション)

コンパスを初めて使用する場合は、コンパスの調整(キャリブレーション)が必要です。時計の向きを変えたり、傾けたりしながら、キャリブレーションの完了を告げる確認音が鳴るまで待ちます。

calibrating compass

キャリブレーションに成功すると、キャリブレーションに成功しました というメッセージが表示されます。キャリブレーションに失敗すると、キャリブレーションに失敗しました というメッセージが表示されます。START ボタンを押してもう一度キャリブレーションを試みます。

コンパスをキャリブレーションしなおすには、手動でキャリブレーションを開始します。

手動でキャリブレーションを開始するには:

  1. NEXT ボタンを長押ししてオプションメニューを表示します。
  2. START ボタンで ナビゲーション までスクロールし、NEXT ボタンを押して表示します。
  3. LIGHT ボタンで 設定 までスクロールし、NEXT ボタンで選択します。
  4. LIGHT ボタンで コンパス までスクロールし、NEXT ボタンで選択します。
  5. NEXT ボタンを押して 較正 を選択します。

偏角設定

コンパスの正確な読み取りには、偏角値を正しく設定する必要があります。

紙の地図の北は真北を指しています。コンパスの北は磁北(地球の磁場が発生している地球上層部)を指しています。磁北は必ずしも真北を指しているとは限らないため、コンパスの偏角を設定する必要があります。磁北と真北の角度が、偏角となります。

ほとんどの地図には偏角値が記載されています。磁北は毎年少しずつ移動しています。最も正確な最新の偏角値は、インターネットを利用して入手することができます(例:www.magnetic-declination.com)。

ただし、オリエンテーリング用の地図は例外です。これらの地図は磁北を基準に作成されています。オリエンテーリング用の地図を使用する際にはコンパスの偏角値を0度に設定し、偏角補正機能をオフにしておく必要があります。

偏角値を設定するには:

  1. NEXT ボタンを長押ししてオプションメニューを表示します。
  2. START ボタンで ナビゲーション までスクロールし、NEXT ボタンを押して表示します。
  3. LIGHT ボタンで 設定 までスクロールし、NEXT ボタンで選択します。
  4. LIGHT ボタンで コンパス までスクロールし、NEXT ボタンで選択します。
  5. LIGHT ボタンで 磁針偏差 までスクロールし、NEXT ボタンで選択します。
  6. -- を選択して偏差をオフにするか、 W(西)または 東偏差(東)を選択します。START ボタンまたは LIGHT ボタンで偏角値を設定します。

setting declination Traverse

  1. NEXT ボタンを押して設定を確定します。
ヒント:

ナビゲーション中に START ボタンを押すと、ナビゲーションメニューとコンパス設定を表示することができます。

方位ロックの設定

方位ロック機能を使用すると、磁北を基準とした目標物の方位をロックすることができます。

方位ロックを設定するには:

  1. コンパスを起動し、時計を体の前で水平に保ち、目標物の方角に体の向きを変えます。
  2. BACK LAP ボタンを押して時計に表示されている現在の方位をロックします。
  3. 磁北(黒三角)を基準とした目標物の方位ロックが設定されると、白三角として表示されます。
  4. 方位ロックを解除するには、BACK LAP ボタンを押します。

setting bearing lock Traverse

メモ:

アクティビティを記録中にコンパスを使用する場合、BACK LAP ボタンを押すだけで方位ロックの設定と解除を行うことができます。ラップタイムを計測するには、BACK LAP ボタンを押してコンパスビューを終了します。