Suuntoでは、当社のウェブサイトが「Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.0」の適合レベルAAに準拠することを目標とし、WCAG 2.0と国際協調したその他の標準規格に準拠することで、アクセシビリティの確保と向上に取り組んでいます。当ウェブサイト上の情報へのアクセスに問題がある場合など、アクセシビリティに関するお問い合わせは、カスタマーサービスまでご連絡ください。カスタマーサービス電話番号:米国 +1 855 258 0900(フリーダイヤル)

20,000円以上購入で送料無料 | 30日以内返品可能

Suunto EON Core ユーザーガイド - 2.0

目次
目次
  • DM5 でダイブモードをカスタマイズする

DM5 でダイブモードをカスタマイズする

Suunto EON Core をカスタマイズするには:

  1. http://www.suunto.com/DM5 から Suunto DM5 をダウンロードしてインストールします。
  2. USB ケーブルを使って Suunto EON Core をパソコンに接続します。
  3. デバイスウィンドウで、 Suunto EON Core を選択します。
  4. カスタマイズタブを選択します。新しいダイブモードの作成、既存のダイブモードの変更ができます。
メモ:

ダイブモードを作成または変更する場合、USB ケーブルを抜く前に変更内容を Suunto EON Core に同期し、デバイスに変更を保存してください。

DM5 では、次の 4 つのカテゴリをカスタマイズできます。

  • ダイブモード名
  • ダイブアルゴリズム
  • ガス設定
  • カスタムビュー

カテゴリをカスタマイズするには:

ダイブモード(名前)

  • このモードでカスタマイズした機能と情報を簡単に識別できるよう、短くシンプルな名前を使用します。
  • 名前の最大長は 15 文字です。

ダイブアルゴリズム

  • Suunto Fused RGBM 2 を使用するか、アルゴリズムなしを選択します(減圧アルゴリズム を参照)。
  • アルゴリズムなしを選択すると、Suunto EON Core はゲージモード(ボトムタイマー)で機能します。設定が必要なオプションは、次の 1 つのみです。
    • ダイブタイプ
  • Suunto Fused RGBM 2 を選択すると、次の追加オプションを設定する必要があります。
    • ダイブタイプ:OC(オープンサーキットダイビング) / CCR
    • 個人設定(アルゴリズム・コンサバティズム - 詳細は 個人調整 を参照)
    • 高度(詳細は 高所潜水 を参照)

ガス設定

Suunto EON Coreガスメニューに表示する内容を設定します。

  • マルチガスオプションをオンまたはオフにします。オンにすると、ダイビング中にガスを変更オプションが有効になります。

    オフにすると、ガスメニューは簡略化され、1 種類のガスのみでの使用が容易になります。

    ヘリウムの有効化もここで行えます。

  • ガス最大 pO2 は手動で設定するか、固定値から選択します。
    • 固定値を選択すると、その値がすべてのガスに適用されます。この場合、ガスメニューでこれらの値を編集することはできません。以下の固定値から選択することができます。
      • 1.2 に固定
      • 1.3 に固定
      • 1.4 に固定
      • 1.5 に固定
      • 1.6 に固定
    • 手動設定を選択すると、ガス最大 pO2 をそれぞれのガスに対してガスメニューで個別に編集できます。

カスタムビュー

ダイブモード 1 つにつき 4 種類のカスタム表示を作成することができます。

モードのスタイルはプロミネント、グラフィカルまたはクラシックです。

プロミネントスタイルでは重要な情報を大きい数字で表示します:

Styles Prominent

グラフィカルスタイルではビジュアル要素の加わった情報表示になります:

Styles Graphical

クラシックスタイルでは、情報は従来の数字表記で表示されます:

Styles Classic

モードのそれぞれの表示で、カスタマイズできる領域にどの情報を表示するか設定することができます。DM5 でビューを編集する際、プレビューを表示して Suunto EON Core でどのように表示されるのかを確認できます。

それぞれの表示で、画面上の切り替え可能なフィールドを定義することができます。選択した表示で下ボタンを押すと、これらの値を一巡して表示することができます。これらのカスタマイズ可能なデータフィールドは、選択されたレイアウト(クラシック、グラフィカルまたはプロミネント)によってそれぞれ異なります。DM5 を使用してこれらのフィールドをカスタマイズし、詳細を確認することができます。

目次