Suunto EON Core - 機能 - リブリーザーダイビング

Suunto EON Core ユーザーガイド

リブリーザーダイビング

リブリーザーダイビング

DM5でデバイスをカスタマイズすることで、Suunto EON Coreをリブリーザーダイビングに使用できます。Suuntoでは、リブリーザーダイビングではクラシックまたはグラフィカルスタイルの使用をお勧めします。ただし、必要に応じてプロミネントビューを使用したり、フィールドをカスタマイズできます。

固定セットポイント計算により、Suunto EON Coreをリブリーザーダイビングでバックアップダイブコンピュータとして使用することができます。いかなる方法でもリブリーザーの制御や監視は行いません。

ダイブモードの設定でCCRダイビングにカスタムマルチガスモードを選択すると、ガスメニューがCCガス(クローズドサーキットガス)とOCガス(オープンサーキットガス)の2つに分岐します。

メモ:

リブリーザーダイビングでは、Suunto EON Coreはバックアップデバイスとしてのみ使用することができます。ガスの制御や監視は、主にリブリーザー自体で行う必要があります。

クローズドサーキットガス

リブリーザーダイビングでは、クローズドサーキットガスが少なくとも2つ必要です。純酸素タンクとディリューエントです。必要に応じて追加のディリューエントを定義することができます。

組織と酸素の計算を正しく行うためには、常にディリューエントシリンダのディリューエントガスの酸素とヘリウムの正しい比率をダイブコンピュータに(またはDM5経由で)入力しておく必要があります。リブリーザーダイビングで使用するディリューエントガスは、メインメニューの CC gases(CCガス)で定義します。

オープンサーキットガス

ディリューエントと同じく、組織と酸素の計算を正しく行うためには、すべてのシリンダのベイルアウトガス(および追加のガス)に対し、常に酸素とヘリウムの比率を正しく定義する必要があります。リブリーザーダイビングのベイルアウトガスは、メインメニューの OC gases(OCガス)で定義します。

セットポイント

カスタムリブリーザーダイブモードには、低と高の2種類のセットポイント値があります。いずれも設定可能です。

  • 低セットポイント:0.4~0.9 (デフォルト: 0.7)
  • 高セットポイント:1.0~1.6 (デフォルト: 1.3)

通常、デフォルトのセットポイント値を変更する必要はありません。ただし、必要に応じて、DM5またはメインメニューで変更できます。

Suunto EON Coreでセットポイント値を変更するには:

  1. 水面休息状態で、中央ボタンを長押ししてメインメニューに入ります。
  2. 上のボタンでSetpoint(セットポイント)までスクロールし、中央ボタンで選択します。
  3. Low setpoint(低セットポイント)またはHigh setpoint(高セットポイント)までスクロールし、中央ボタンで選択します。
  4. 上または下のボタンでセットポイント値を調整し、中央ボタンで確定します。
  5. 中央ボタンを長押ししてメニューを終了します。

(セットポイントの切り替え)

セットポイントは深度に応じて自動的に切り替えることができます。デフォルトで、低セットポイント切り替え深度は4.5 m(15 ft)、高セットポイント切り替え深度は21 m(70 ft)です。

自動セットポイント切り替えは、低セットポイントではデフォルトでオフ、高セットポイントではオンになっています。

Suunto EON Coreで自動セットポイント切り替えを変更するには:

  1. 水面休息状態で、中央ボタンを長押ししてメインメニューに入ります。
  2. 上のボタンでSetpoint(セットポイント)までスクロールし、中央ボタンで選択します。
  3. Switch low(低切り替え)またはSwitch high(高切り替え)までスクロールし、中央ボタンで選択します。
  4. 上または下のボタンでセットポイント切り替えの深度値を調整し、中央ボタンで確定します。
  5. 中央ボタンを長押ししてメニューを終了します。

セットポイントが切り替わると、ポップアップ通知が表示されます。

SetpointSwitched

リブリーザーダイブ中は、いつでもカスタムセットポイントに切り替えることができます。

カスタムセットポイントに切り替えるには:

  1. リブリーザーモードでのダイビング中に、中央ボタンを長押ししてメインメニューに入ります。
  2. Custom setpoint(カスタムセットポイント)までスクロールし、中央ボタンで選択します。
  3. 上または下のボタンで必要に応じてセットポイント値を調整し、中央ボタンで確定します。

カスタムセットアップ切り替えを確認するポップアップ通知が表示されます。

CustomSetpoint

メモ:

カスタムセットアップに変更すると、自動セットポイント切り替えが残りのダイブ中オフになります。

ベイルアウト

リブリーザーダイビング中の任意の時点で何らかの不具合の疑いをもった場合、ベイルアウトガスに切り替えてダイビングを終了する必要があります。

ベイルアウトガスに変更する:

  1. 中央のボタンを長押しして、メインメニューへアクセスします。
  2. OC gases(OCガス)までスクロールし、中央のボタンで選択します。
  3. 必要なベイルアウトガスまでスクロールし、中央のボタンで選択します。

ベイルアウトガスを選択すると、セットポイントフィールドが選択したオープンサーキットガスのpO2値に変わります。

bailout

不具合が修正されるか、ダイビング状況が正常に戻った場合、以下と同じ手順でディリューエントに戻すことができますが、CC gases(CCガス)から選択します。