Suuntoでは、当社のウェブサイトが「Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.0」の適合レベルAAに準拠することを目標とし、WCAG 2.0と国際協調したその他の標準規格に準拠することで、アクセシビリティの確保と向上に取り組んでいます。当ウェブサイト上の情報へのアクセスに問題がある場合など、アクセシビリティに関するお問い合わせは、カスタマーサービスまでご連絡ください。カスタマーサービス電話番号:米国 +1 855 258 0900(フリーダイヤル)

20,000円以上購入で送料無料 | 30日以内返品可能

Suunto EON Core ユーザーガイド - 2.0

目次
目次

減圧潜水

減圧潜水中に減圧不要限界を超えると、Suunto EON Core は安全な浮上のために必要な減圧情報を提供します。浮上に関する情報は常に 2 つの値で表示されます。

  • シーリング:これより浅く浮上してはいけない深度
  • 浮上時間:使用しているガスで水面に達するまでの最適な浮上時間(分単位)
警告:

シーリングより浅い深度に浮上しないでください!減圧中はシーリングより浅い深度まで上してはいけません。誤ってに浮上してしまうことを防ぐために、シーリングの下に留まるようにしてください。

減圧潜水には、以下の 3 種類の減圧停止があります。

  • 安全停止:10 m(32.8 ft)を超える潜水で推奨される 3 分間の安全停止。
  • ディープストップ:20 m(65.6 ft)を超える潜水で推奨される停止。
  • 減圧停止:減圧潜水を安全に行い、減圧症を防ぐための強制停止。

ダイビング設定 » パラメータでは、次の設定を行うことができます。

  • ディープストップをオンまたはオフにする(デフォルトはオン)
  • 安全停止時間を 3 分、4 分、または 5 分に調整する(デフォルトは 3 分)
  • 最終減圧深度を 3.0 m または 6.0 m に設定する(デフォルトは 3.0 m)

次のイラストは、シーリング深度が 17.7 m(58 ft)の減圧潜水を表しています。

Deco Dive EonCore

上記の図では、次の内容が下から上に向かって表示されます。

  1. 減圧ゾーンは、減圧シーリングから 3.0 m(9.8 ft)深い深度までの領域です。この例では、減圧ゾーンは 20.7 m(68 ft)と 17.7 m(58 ft)の間になります。この範囲内で減圧を行います。シーリング深度に近いほど、減圧時間が最適になります。

    シーリング深度近くまで浮上して、減圧ゾーンの範囲内に入ると、シーリング深度の前に 2 つの矢印が表示されます。上下の白い矢印は、ダイバーが減圧ゾーンの範囲内にいることを示します。

  2. シーリング深度よりさらに浮上した場合でも、シーリング深度から 0.6 m(2 ft)以内であれば、許容範囲として安全に減圧することができます。この例では 17.7 m(58 ft)と 17.1 m(56 ft)の間になります。このシーリング深度を超えた許容範囲内でも減圧計算は行われますが、シーリング深度よりも深い深度に潜降するようにしてください。この範囲内にいるときは、シーリング深度を示す数字が黄色になり、この数字の前に黄色の下矢印が表示されます。

  3. 安全な許容範囲を超えてさらに浮上した場合、この範囲内に戻るまで減圧計算は一時停止します。この場合、アラーム音が鳴り、シーリング深度を示す数字の前に赤い下矢印が表示され、危険な減圧であることを警告します。

    このアラームを無視して浅い深度に 3 分間留まると、Suunto EON Core はアルゴリズム計算をロックし、潜水で減圧情報を利用することができなくなります。アルゴリズムロック を参照してください。

減圧ディスプレイの例

次は、典型的な減圧潜水ビューの例です。深度と浮上時間、深度 20.3 m でディープストップが必要なことわかります。

Asc Time Core

Suunto EON Core は、常にこれらの停止の最も深い地点からのシーリング値を表示します。ディープストップと安全停止の停止位置にいるときのシーリングは、常に一定の深度になります。安全停止および減圧停止の停止時間は分単位でカウントダウンされ、ディープストップの停止時間は分と秒で表示されます。

次のディスプレイでは、シーリング深度の設定値が 9.0 m、現在の深度は 9.1 m です。深度の値の横に表示されている白い矢印は、ダイバーが停止ゾーンの範囲内にいることを示しています。黄色で表示されている 1' 28 は、オプション(任意)の停止時間です。

Safety stop EonCore

以下のディスプレイでは、シーリング深度の設定値が 3.0 m、現在の深度は 3.6 m です。深度の値の横に表示されている白い矢印は、ダイバーが減圧ゾーンの範囲内にいることを示しています。赤色で表示されている 3' 29 は、強制停止時間です。

Stop 3m red EonCore

次の例では、現在の深度が 2.4 m(シーリング深度は 3.0 m のまま)で、ダイバーは減圧ゾーンの範囲内にいますが、シーリングを超えていることがわかります。黄色の下矢印が表示され、ダイバーに最適な深度まで潜降するように注意を促します。最適な深度(シーリング深度)である 3.0 m が黄色で表示されます。

Stop 2m yellow EonCore

次の例では、シーリング深度が 10.0 m に設定されています。現在の深度は 8.5 m です。ダイバーは減圧ゾーンの範囲外にいるため、潜降する必要があります。ダイバーにシーリング深度よりも深く潜降するよう促す赤い矢印が表示され、シーリング深度を示す数字も赤色に変わります。

Stop 8m red EonCore

メモ:

シーリング超過時間が 3 分を超えると、減圧アルゴリズムがロックされます。

以下は、Suunto EON Core がディープストップ中に表示する画面の例です。

Deepstop Core

連続的な浮上モードでの減圧停止では、シーリング深度近くに留まっている間は、シーリングが常に減少します。これにより、最適な浮上時間での連続的な減圧を提供します。段階的な浮上モードでは、特定の時間が経過するまでシーリングは同じままですが、その後段階ごとにシーリングが 3 m(10 ft)ずつ上に移動します。

メモ:

浮上時は減圧シーリングの近くに留まることを推奨します。

浮上時間は水面に到達するのに必要な最短時間です。浮上時間は以下の合計時間です。

  • ディープストップに必要な時間
  • 浮上速度 10.0 m(32.8 ft)/分でシーリングまでに必要な浮上時間
  • 減圧に必要な時間
警告:

複数のガスで潜水するときの浮上時間は、Gases(ガス)メニューにあるすべてのガスを使うことを前提に計算される点に注意してください。潜水前には必ず、現在の潜水計画に必要なガスのみが設定されていることを確認してください。潜水に不要なガスは設定しないでください。

警告:

実際の浮上時間が、ダイブコンピュータに表示された浮上時間より長くなることがあります。次のような場合には浮上時間が増加します:(1) 深い深度に留まる (2) 10 m/分より遅い速度で浮上する (3) シーリングより深いところで減圧停止をする (4) 使用中の混合ガス切り替えを忘れる。これらの要因は、水面に到達するまでに必要となる呼吸ガスの量を増やす可能性もあります。

最終減圧深度

減圧潜水の最終減圧深度は Dive settings (潜水の設定)/ Parameters (パラメータ)/ Last stop depth (最終減圧深度)で調整することができます。この停止深度は2種類のオプション:3 m、6 m(10 ft、20 ft)から選択できます。

初期設定では、最終減圧深度は3m(10ft)に設定されています。これは推奨される最終減圧深度です。

メモ:

この設定は減圧潜水でのシーリング深度には影響しません。最終のシーリング深度は3m(10ft)です。

目次