Suuntoでは、当社のウェブサイトが「Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.0」の適合レベルAAに準拠することを目標とし、WCAG 2.0と国際協調したその他の標準規格に準拠することで、アクセシビリティの確保と向上に取り組んでいます。当ウェブサイト上の情報へのアクセスに問題がある場合など、アクセシビリティに関するお問い合わせは、カスタマーサービスまでご連絡ください。カスタマーサービス電話番号:米国 +1 855 258 0900(フリーダイヤル)

20,000円以上購入で送料無料 | Traverseストラッププレゼント

Suunto D5 ユーザーガイド

目次
目次
  • アラーム・警告・通知

アラーム・警告・通知

Suunto D5 には色分けされたアラーム、警告、通知機能が搭載されています。これらはアラーム音(オンの場合)とともに、画面上に表示されます。アラームは常に赤色で表示。警告は赤色または黄色。通知は常に黄色で表示されます。

Suunto D5 には振動によるアラーム機能もあります。ダイブアラーム、通知および警告で、振動によるアラームのオンとオフを切り替えることができます。

アラームは危険な状況を意味し、即時の処置を必要とします。アラーム状況が通常に戻ると、アラームは自動的に停止します。

アラーム説明
p10-asc-warning浮上速度が安全な浮上速度 10 m(33 ft)/分を 5 秒間以上超えています。
p10-ceiling-broken減圧潜水で減圧シーリングよりも06 m(2ft)以上浅く浮上しています。ただちにシーリング深度よりも深く潜降し、正しく浮上してください。
p10-high-pO2酸素分圧が安全レベル(>1.6)を超過しています。ただちに浮上するか、酸素の割合が低いガスに変更してください。

警告表示は、処置をとらなければ健康と安全に影響を及ぼす可能性のある状況であることを警告します。いずれかのボタンを押して警告を確認してください。

警告説明
CNS 100%中枢神経系毒性(CNS)の限界レベルが 100%
OTU 300OTU が 1 日で推奨する限界量に到達
深度深度が深度アラームの設定値を超過
潜水時間潜水時間のアラーム限界を超過
ガスタイムガスタイムがガスタイムアラームの設定値未満、またはタンク圧が 35 bar(510psi)未満(この場合、ガスタイムはゼロ)。
安全停止が壊れている安全停止シーリング(必須)を 0.6 m(2 ft)以上超過
タンク圧

タンク圧が残圧アラームの設定値未満。

ダイブコンピュータには 50 bar で作動するアラームがデフォルトで組み込まれています(このアラームを変更することはできません)。この他にも、アラームが作動する設定値を変更可能なタンク圧アラームがあります。ダイブコンピュータはこの設定値と 50 bar に達するとアラームを表示します。タンク圧の数値は強制的に画面に表示され、設定値を下回ると黄色に、さらに 50 bar を下回ると赤色に変わります。

通知は予防を要する状況を示します。いずれかのボタンを押して通知を確認してください。

通知説明
CNS 80%中枢神経系毒性(CNS)の限界レベルが 80%
OTU 250OTU が 1 日で推奨する限界量の約 80% に到達
ガス切り替えマルチガスダイブでの浮上中は、減圧プロファイルを最適にするために、その都度適したガスに切り替えることが必要
バッテリー残量/低ダイブタイム約 3 時間分のバッテリー残量
要充電ダイブタイム約 2 時間分のバッテリー残量。次回のダイビング前に充電が必要
Tank POD 低バッテリーTank POD のバッテリー残量が少ない。バッテリーの交換が必要

目次