Suuntoでは、当社のウェブサイトが「Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.0」の適合レベルAAに準拠することを目標とし、WCAG 2.0と国際協調したその他の標準規格に準拠することで、アクセシビリティの確保と向上に取り組んでいます。当ウェブサイト上の情報へのアクセスに問題がある場合など、アクセシビリティに関するお問い合わせは、カスタマーサービスまでご連絡ください。カスタマーサービス電話番号:米国 +1 855 258 0900(フリーダイヤル)

20,000円以上購入で送料無料 | 30日以内返品可能

Suunto D5 ユーザーガイド

目次
目次
  • ウォーターコンタクト

ウォーターコンタクト

Suunto D5 のウォーターコンタクト機能は、デバイスが水没したことを認識するための機能です。水中に沈めると、ウォーターコンタクトの電極が水の電気伝導特性によって接続され、水没したことを検知します。

Suunto D5 水を検知するとダイブ状態に切り替わります。次の条件を満たすとダイブが開始します。

  • ウォーターコンタクトがオンの状態:水深 1.2 m(4 ft)に達した時点、または
  • ウォーターコンタクトがオフの状態:水深 3.0 m(9.8 ft)に達した時点

次の条件を満たすとダイブが終了します。

  • ウォーターコンタクトがオンの状態:フリーダイビングで水深 0.9 m(2.9 ft)に達した時点、スキューバダイビングで水深 1.2 m(3.9 ft)に達した時点、または
  • ウォーターコンタクトがオフの状態:水深 3.0 m(9.8 ft)に達した時点。

浮上インジケータより左上に、デバイスが水中にあることを示す波のアイコンが現れます。ダイブ画面に表示されるアイコンの概要は、ディスプレイ - モード、ビュー、状態 を参照してください。

ウォーターコンタクトアイコン:

icon-water-contact D5

Free(フリー)モードの 深度ビューに表示されるウォーターコンタクトアイコン:

Free mode depth view D5

注意:

デバイスが正常に機能していない場合、クエスチョンマーク(疑問符)のある黄色の四角が現れます。たとえば、ウォーターコンタクトが誤動作していることを意味します。バックアップ計器に切り替えて、ただちにダイビングを中止し、安全に浮上して水面に戻ってください。Suunto カスタマーサポートにお電話にてお問い合わせのうえ、Suunto 認定サービスセンターに返送して点検してもらってください。

water contact error D5

目次