Suuntoでは、当社のウェブサイトが「Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.0」の適合レベルAAに準拠することを目標とし、WCAG 2.0と国際協調したその他の標準規格に準拠することで、アクセシビリティの確保と向上に取り組んでいます。当ウェブサイト上の情報へのアクセスに問題がある場合など、アクセシビリティに関するお問い合わせは、カスタマーサービスまでご連絡ください。カスタマーサービス電話番号:米国 +1 855 258 0900(フリーダイヤル)

20,000円以上購入で送料無料 | 30日以内返品可能

Suunto D5 ユーザーガイド

目次
目次
  • コンプライアンス

コンプライアンス

EU 無線機器指令

Suunto Oy は、無線機器タイプ DW182 が指令 2014/53/EU に準拠していることを宣言します。EU 指令適合宣言の全文は、オンラインで入手可能です。インターネットアドレス:www.suunto.com/EUconformity。

EU 個人用保護具

Suunto D5 と Suunto Tank POD の組み合わせは、指令 89/2016/425 に基づく個人用保護具に該当します。認証機関 No.0078(Institut National de la Plongée Professionnelle, Entrée 3 - Port de la Pointe Rouge, 13008 MARSEILLE, France)が、上記の組み合わせの EC 型式審査を行い、欧州規格 EN250:2014 への準拠を認定しています。この認定は、EN250:2014 に規定されているとおり、最大深度 50m まで適用されます。

EU 深度 ゲージ 基準

EN13319は、ヨーロッパのダイビング水深計基準です。Suuntoのダイブコンピュータは、この基準に準拠して設計されています。

FCC / ISED 規制に関する注意事項

変更に関するステートメント

Suunto は、ユーザーによる本製品のいかなる変更または改造を認めません。変更または改造により、本機器を操作するユーザーの権限が無効になる場合があります。

電波干渉に関するステートメント

本機器は、FCC 規則パート 15 およびカナダ産業省(IC)ライセンス免除 RSS 規格に準拠しています。次の 2 つの条件に従うものとします:(1) 本機器は干渉を起こさないこと、(2) 本機器は誤動作を引き起こす可能性がある干渉を含む、いかなる干渉も受容しなければならないこと。

無線通信に関する通知

本機器は、制御されていない環境に対して規定された FCC / ISED 放射線曝露制限に準拠し、FCC 無線周波数(RF)の曝露限度および ISED 無線周波数(RF)曝露規格 RSS‐102 に適合しています。このトランスミッターは、他のアンテナまたはトランスミッターと同じ場所に設置したり、併用したりしないでください。

FCC クラス B デジタル装置に関する通知

本機器は、FCC 規則パート 15 に従い、クラス B デジタル装置の制限値に適合していることが試験により確認されています。これらの制限値は、住宅内に設置する場合の有害な干渉に対する合理的な保護を提供するために設けられています。本機器は、無線周波数帯域のエネルギーを発生、使用し、外部に放射することがあります。また、説明書と異なる方法で取り付けて使用した場合、無線通信に有害な干渉を引き起こす恐れがあります。ただし、干渉を引き起こさないという保証のできる取り付け方法はありません。本機器がラジオやテレビの受信に対して有害な干渉を引き起こしているかどうかは、機器の電源のオンとオフを切り替えることで確認できます。干渉を引き起こしている場合は、干渉を是正するために次のいずれか 1 つまたは複数の方法をお試しください。

  • 受信アンテナの向きや位置を変える。
  • 本機器と受信機の距離を離す。
  • 受信機の接続先とは別の回路のコンセントに本機器を接続する。
  • 販売店またはラジオ/テレビの熟練技術者に相談する。

CAN ICES-3 (B) / NMB-3 (B)

このクラス B デジタル装置は、カナダの ICES-003 に準拠しています。

目次