Suuntoでは、当社のウェブサイトが「Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.0」の適合レベルAAに準拠することを目標とし、WCAG 2.0と国際協調したその他の標準規格に準拠することで、アクセシビリティの確保と向上に取り組んでいます。当ウェブサイト上の情報へのアクセスに問題がある場合など、アクセシビリティに関するお問い合わせは、カスタマーサービスまでご連絡ください。カスタマーサービス電話番号:米国 +1 855 258 0900(フリーダイヤル)

20,000円以上購入で送料無料 | 30日以内返品可能

Suunto D5 ユーザーガイド

目次
目次
  • ディスプレイ - モード、ビュー、状態

ディスプレイ - モード、ビュー、状態

Suunto D5 にある 3 つのボタンは、異なるビューでそれぞれ異なる機能を操作することができます。また、ボタンを短く押す場合と長く押す場合で操作する機能が異なります。

Button logic overview D5

Suunto D5 には 3 つのメインダイブモードがあります。エアー / ナイトロックスゲージおよびフリー

中央ボタンを長押しして メインメニューに入り、ダイビング設定 » モードで適切なダイブモードを選択します。Suunto D5 を通常の腕時計として使用したい場合は、Off(オフ)を選択します。この場合すべてのダイブ機能が無効になります。

Suunto D5 が自動的に再起動し、モードが変更されます。

これらのダイブモードにはそれぞれ異なるビューがあります。デフォルトでいくつかのビューが用意されていますが、 DM5 のカスタマイズ機能を利用してビューを追加することができます。Suunto DM5 を使用してカスタマイズする を参照してください。

それぞれのモードで利用できるビューについては、 ダイブモード を参照してください。

Suunto D5 はサーフェス(水面上)とダイブ(潜水中)状態の切り替えを自動的に行います。水深 1.2 m(4 ft)を超え、ウォーターコンタクトがオンになると、ダイブ状態に切り替わります。

デフォルトのダイブディスプレイでは、次の情報が表示されます。

easy-to-read final D5

下ボタンを短く押すと、切り替えウィンドウに表示される情報が切り替わります。

Suunto D5 で利用可能なすべてのメニューアイテムを示した体系図は、メニュー を参照してください。

目次